HOME >  先輩従業員の紹介 >  営業・営業事務:東日本

営業・営業事務:東日本

ハンナンフーズ北海道株式会社 ルート販売担当 M・Y

 営業社員として、札幌市内の業務卸、小売店、量販店など様々な業態のお客様へ営業、配送を行っております。お客様の業態や状況によってご要望の内容も変化するため、随時それらに応えられるように気を配っております。業務卸のお客様には既存商品の相場状況、今後の動向などの情報提供が大事であり、積極的な情報交換を行い商談を進めています。小売店、量販店のお客様には新規商品の案内、特売用商品の提案などを特に重視し対応しております。
 日々大切にしていることは、お客様とのコミュニケーション、信頼関係の向上です。良い商品の提案や案内を行うことは勿論ですが、荷降ろし時の商品の取扱いなどに気を配り、「売る」「買う」だけの関係ではなく、お互いに気持ちの良い商売が出来るよう心がけています。
 担当外のお客様にも配達を行うことがありますが、そのお客様から「次も来て」と言われると、とても嬉しくやりがいを感じます。

 入社当初、当社は取扱商品が多く、商品名・ブランド・特徴など覚える事がたくさんあり苦労しました。同じ商品でも国によっては名前が違ったり、ブランドによっても規格によって名称・単価など若干の違いがあったり、お客様に案内する上で商品知識を覚える事が一番大切なことでした。そのような中で、商品の仕入に関して困っているお客様から相談され、解決に繋がる提案ができた時、一番達成感を感じたものです。
 お客様に満足してもらえず、失敗することもありますが、失敗を生かし次に繋げるように心がけています。お客様に対し数多くの商品をご案内でき、とてもやりがいがある仕事だと思います。

ある1日の仕事の流れ


ハンナンフーズ東北株式会社 ルート販売担当 K・T

 私は仙台市内のお客様を中心に、発注を受けた商品をお届けしています。お客様から求められるのは商品の品質や価格面だけでなく、正しい情報と商品を早く手に入れたいというニーズである為、素早い対応をする事、お客様の手元にいち早くお届けすることが求められます。
 また、私が大切にしている事は、日々お客様から発注を頂いている商品を欠品させないことです。ご要望の商品を欠かす事無くお届けする事が、まず何よりも私たちが大事にすべき使命であると考えております。
 お客様としっかり話をさせて頂き、常に満足いく商品をお届けし続ける事が、お客様からの信頼獲得に繋がります。お客様から『任せておけば大丈夫』と思われ、頼られるようになった時がこの仕事をしていてよかったと感じるときです。

 一番の失敗談は、私がまだ二年目の最も忙しい年末に、大事な商品を手配する事ができず、お客様に多大なご迷惑をおかけしたことです。私の些細な判断の誤りが後になってから大きな問題となってしまい、その結果お客様からクレームを受けてしまうことになってしまいました。その際に、いかに常日頃よりお客様と話をすることがよりよい対応に繋がるのかを深く考えさせられました。同じミスを繰り返さないこと、その後は毎日の商品在庫のチェックを欠かさず行っています。お客様に喜んで頂ける事が営業担当者にとって何よりのモチベーションアップに繋がりますので、更により良いものを、もっと新しいものを提案できるように頑張っています。            

ある1日の仕事の流れ


日本ミート販売株式会社 営業担当 K・D

  2011年、中途採用で入社しました。入社後、まずは商品の出庫、配車の手配といった商品配送を担当しました。注文頂いたお客様のもとへ商品を確実に届けるため、配送業務は非常に大切な仕事です。常に緊張感を持ちながら業務に取り組んできました。
 また、製品在庫管理や発注の管理にも取り組んできました。過不足のない在庫数の確保、特に過剰に抱えない事を目指す一方で、お客様からの発注にいつでも対応できるよう、季節や状況を踏まえた在庫管理をしなければなりません。常にお客様や製造工場の状況を確認しながら、二者間をつなぐ役割をしております。
 営業活動を始めて特に大切だと思うのは、いかにお客様の要望を正確にとらえ、それを各関係者と具体的なスケジュールまで共有するかということです。これは普段から考える癖をつけておかないと一朝一夕には出来ないものだなと痛感しております。
 今後はお客様のご要望に応えるだけではなく、同時にこちらからも提案が出来るように商品知識、仕事の進め方を学んでいかなければならないと感じております。

 失敗談としては、配送業務の際に配車の段どりができておらず、急遽、別の運送車を手配しなければならなかったことです。緊急配車ということで、通常の価格よりも非常に高い金額となり、非常に悔しい思いをしました。
 その他、お客様から頂いた「課題」に、時間をかけすぎてしまい、結果としてスピード感のない提案になってしまったことです。具体的にお客様の望まれる提出時期を確認し、目標設定を行うことで、お客様満足度を上げるような対応を心掛けております。
 職場環境に関しては、仕事に臨む厳しさの中にも、みんな和気あいあいとフォローし助け合う楽しい職場ですよ!

ある1日の仕事の流れ


ティーエムシー株式会社 輸入業務担当 M・S

 私の所属する部署では、ハニューフーズ株式会社で仕入した食肉の通関業務を担っております。食肉の輸入、通関には農林水産省(動物検疫所)、厚生労働省、財務省(税関)が関わっており、「早く、安く、正確に」貨物を通関することを課員一同心がけています。チームで業務を遂行しますので、定期的にミーティングをし、知識や情報の共有、そして何でも相談や報告しあえるようコミュニケーションを図っています。
 また、各省主催のセミナーに参加し、情報収集をしたり、書類申請の為に農林水産省や税関を訪問したりすることも多々あります。世界情勢や天候に関する情報にも注視しています。出荷する国での情勢(テロやストライキ、疾病など)や日本に到着するまでの航路の天候により、スケジュールどおりに船が到着するかどうかが重要になる為です。船会社や通関業者などとの情報交換は興味深く、世界中の貨物の荷動きや国内の物流について知ることができます。EPAやTPPもあり、益々グローバルな情報収集が必要になってくると思います。

 育児と仕事を両立するうえで、一番重要なポイントは時間管理だと思います。子供の保育園への送迎の都合上、限られた時間の中で、業務の優先順位を考えて、効率良くすすめることに努めています。上司や課員もとても配慮してくれていますので、大変感謝しています。
 貿易実務は奥が深く、経験を積めば積むほど面白く感じます。そして、まだまだ勉強不足と感じることも多いです。上司のすすめで、いろいろなセミナーに参加したり、外部の方との情報交換の場に臨めるのもこの部署ならではと思います。

ある1日の仕事の流れ


ページの先頭へ